Archive for 7 月, 2008

7 月 15 2008

シャネル モバイル アート(Chanel Mobile Art)

Published by admin under 展覧会

構造家の佐々木睦朗さんのインタビューを行った後、代々木公園に向って、ザハ・ ハディド(Zaha Hadid)が設計した「Chanel Mobile Art」のパビリオンを見てきた。FRPは可塑性に富んでいるので、こうした仮設には向いた素材だなぁと感じた。ストレージのドアが、飛行機のハッチのようで面白かったが、置かれていた場所が茫洋とした空間だったので、設置場所が異なれば、また違った印象を受けたかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Zaha Hadid Chanel Mobile Art Zaha Hadid Chanel Mobile Art

No responses yet

7 月 07 2008

佐々木睦朗、インタビュー

7月3日に、「CAD&CGマガジン」の取材で、構造家の佐々木睦朗さんのインタビューを行ってきた。仙台メディアテークをはじめとする一連の伊東豊雄さんとの仕事や、磯崎新さん、「SANAA」とのプロジェクトなど、佐々木睦朗さんのこれまでの仕事に関して、興味深いお話を伺うことができた。また、構造設計とコンピュータの関わりでは、「進化論的構造最適化(拡張ESO法)」や「感度解析手法」などの新たな手法について解説していただいた。特に印象に残った言葉を次に上げてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・キャンデラに会ったことが、転機となった。
・仙台メディアテークは、私にとってはミースとガウディの融合。
・瞑想の森市営斎場の屋根の先は垂れているが、これは植物の葉の先と同じ。力の流れを考えていくと、自然の中にある形につながっていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、最新のプロジェクトでは、伊東豊雄さん設計の「Berkeley Art Museum and Pacific Film Archive」やアーティストのクリスト&ジャンヌ=クロードとのプロジェクトなどもお話いただいた。
 
sasaki_mutsuro_01.jpg

No responses yet