Archive for 11 月, 2008

11 月 20 2008

池田靖史×濱野慶彦、対談

11月18日に、「CAD&CGマガジン」の取材で、建築家の池田靖史さんとの対談を行ってきた。池田靖史さんは、アルゴリズミック・デザインの研究と実践をされている。今回は、「アルゴリズミック・デザインの行方」と題して、この分野の、これからの方向性について対談した。池田さんの考える、アルゴリズミック・デザインをプロダクトと結びつける方法は、とてもユニークで、さすがに生産技術を専門とされる方だと思った。アルゴリズムを応用して、合理的で再生可能なプロダクト・システムを構築するというお話は、大変興味深い。私の方は、やはり環境(風、光、水、熱など)に関する、逆シミュレーションによる建築形状の検討に、興味がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ikeda_sfc_01.jpg

No responses yet

11 月 05 2008

アーキフューチャー(Archi Future)2008(その2)

Published by admin under 展覧会

2008年10月31日(金)に行われた「アーキフューチャー(Archi Future)2008」に、セミナーの講師として参加してきました。

会場は「秋葉原DUX」。展示会場には、国内外の建築関連ソフトメーカーや出力機器メーカー等が、ブースを出展していました。ただ、講演・セミナー会場と展示会場が離れていたため、講演参加者が展示会場まで足を運ぶのは、難しかったのではと感じました。

講演は「小嶋一浩×佐々木睦朗」を聴き、後ほど、主催のプロプランさんのご好意で、「槇文彦」さんのものをビデオで拝見しました。それぞれの最近のプロジェクトに関して、興味深い内容の講演でした。私は、「デジタル・エンジニアが実現する建築の新しい形状と性能」と題して、Arup Japanの城所氏と共に、セミナーを行いましたが、会場が満席だったのは、有難い限りです。

archifuture_02.jpg archifuture_03.jpg
左:展示会場、右:「小嶋一浩×佐々木睦朗」講演

No responses yet