3 月 14 2008

沖塩荘一郎先生、東京理科大学最終講義

Published by admin at 8:01 PM under 講義・講演

先週末、恩師である沖塩荘一郎先生の東京理科大学最終講義に出席してきた。丁度、ドイツから帰国したその日が最終講義にあたっていたので、成田から直接、理科大の若宮記念館に向かうことになった。

沖塩先生には、本当にひとかどならずお世話になった。卒業設計の際のトラブルを、何とかクリアできたのも、先生のご尽力によるものだった。また、卒業後の就職先も、先生にご紹介いただいた。この紹介がなければ、「Computational Design」などというものを、試みることもなかっただろう。また、折にふれて、様々なシンポジウムに呼んでいただき、新しい分野に眼を向ける機会を与えていただいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先生、本当にご苦労様でした。ただ、先生はいつまでも現役で、様々な新しい試みにチャレンジし続けると確信しています。これからも、色々とご指導をお願い申し上げます。

 
okishio_rikadai_lecture_01.jpg okishio_rikadai_lecture_02.jpg

2 Responses to “沖塩荘一郎先生、東京理科大学最終講義”

  1. 沖塩荘一郎on 06 5 月 2008 at 1:50 PM

    貴方のこのブログに、最近まで気付きませんでした。
    当日は、成田から直行でご出席下さった由。大勢の方々にご出席頂き、一生思い出に残る楽しい一時を過ごすことができした。
    理科大では、貴方のようにユニークで素晴らしい学生に沢山出会え、本当に楽しませて頂きました。
    私こそ、貴方方に熱く御礼申し上げます。
    今後とも、お元気で益々のご活躍を祈念します。

  2. 濱野on 07 5 月 2008 at 10:46 AM

    沖塩先生、コメントを入れてくださり、恐縮です。
    当日は、懇親会に参加できず、申し訳ありませんでした。
    (何分、体力が続かなかったものですから。。。)

    これからも、色々とアドバイスをいただけたらと、思っております。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。

Comments RSS

Leave a Reply