北川裕記建築設計

HIROKI KITAGAWA ARCHITECT

045-982-0928

プロジェクト・タイトル写真
  • 写真ボタン01
  • 写真ボタン02
  • 写真ボタン03
  • 写真ボタン04
  • 写真ボタン05
  • 写真ボタン06
  • 写真ボタン07
  • 写真ボタン08
  • 写真ボタン09
  • 写真ボタン10

MU邸

家族5人が暮らすために必要な空間ヴォリュームと法規上の制約との兼合いから、地下階を含む3層構成となりました。

主寝室のある南側地下1階は室内環境を良好に保つため、床を高く設定し、地上に出る部分を多くしています。この結果、1階、2階とも、北側と南側で床のレベル差が生じ、さまざまな高さの視線が交錯する動きのある内部空間構成となりました。2階ではこのレベル差を、食卓の椅子代わりとしても利用しています。

二つの子供部屋と居間の一角にある作業スペースは、ハイサイドライトから光の落ちる階段の廻りに配置しました。欄間や小窓を設け、階段を介して居間・食堂と緩やかに繋がることで、お互いの気配を感じられるようにしています。

前面道路を挟んだ南側には地区ケアセンターの緑が広がっています。この恵まれた立地のおかげで、2階の居間と食堂には、道路からの視線を気にすることなく、大きな窓を設けることができました。

所 在 地 神奈川県横浜市  
竣  工 2007年  
用  途 専用住宅  
家族構成 夫婦 子供3人  
規  模 地下1階地上2階  
構  造 木造 一部鉄筋コンクリート造  
敷地面積 125.12㎡  
延床面積 113.33㎡  
写  真 平井広行