北川裕記建築設計

HIROKI KITAGAWA ARCHITECT

045-982-0928

プロジェクト・タイトル写真
  • 写真ボタン01
  • 写真ボタン02
  • 写真ボタン03
  • 写真ボタン04
  • 写真ボタン05
  • 写真ボタン06
  • 写真ボタン07
  • 写真ボタン08
  • 写真ボタン09
  • 写真ボタン10

O邸

「一体感の感じられる住宅を」というクライアントのご要望を実現するため、敷地地盤面より約1m高い前面道路とのレベル差の関係を、そのまま内部空間に反映させたスキップフロア状の構成にしました。

道路から玄関に入ると、目の高さよりやや上に2階の床があり、居間、食堂、厨房からなる大きな一室空間が広がっています。南側中央にはテラスがあり、居間、食堂の延長として利用できます。さらに居間から半階上った北側には二つの個室があります。

玄関から半階分下りた1階には寝室、客間、水廻り諸室を配置。玄関と同じレベルには作業スペース、その床下には収納庫を設けました。また天井高の低い部屋の上部を作業台や収納棚とする等、空間を余すことなく利用しています。床レベルのバリエーションは全部で10種類にもなります。

個室を天井から吊り下げる構造にし、階段を視線の通る構成にすることで、2階から採り入れた光が家全体に廻るよう工夫しました。床のレベル差と相まって、家族の視線が交差する一体感のある空間になっています。

テラスから屋外階段で屋上へ上ると、遠くまでの視界が開け、夏にはみなとみらいの花火を楽しむことができます。

所 在 地 神奈川県横浜市  
竣  工 2009年  
用  途 専用住宅  
家族構成 夫婦 子供3人  
規  模 地上2階  
構  造 木造  
敷地面積 141.03㎡  
延床面積 104.25㎡  
写  真 平井広行