ミケーレ・フラミアと青田勝久のタイルと鉄の世界展

期日:2006年11月5日(日)〜11月11日(土)、12:00〜19:00(最終日17:00)

場所:「巷房」階段下 Space Kobo+Tomo
        東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビルB1 Tel:03-3567-8727

ローマの土と日本の鉄が銀座で出会う
  住宅を中心に建築設計を行っている寺林成子がコーディネートするタイルと鉄の作家の展覧会が銀座・奥野ビルの「巷房」地下で開催されている。タイル作家はローマで活躍するミケーレ・フラミア、鉄の作家は東京の近郊に工房を持つ青田勝久。
  タイルも鉄も素晴らしい素材だが、それぞれの素材を建築物の一部として融合させると、空間がより豊かなものになる。この展覧会では、タイルと鉄の魅力を再確認してもらうために、それぞれの素材の質感、色、光沢、ぬくもりなどを肌で感じてもらおうと、ふたりの作家がコラボレイトした作品の展示と即売を行っている。(つづき)
Copyright 2006, SOponte + AALab